The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
磯★料理編・・・その前に(●´艸`)
2012-03-14 Wed 23:45
ikemachiko_20110525.jpg
↑ 1日1回の【応援】ぽちっとクリックお願いします★(戻ってきてね)











もう、春ですね~


しかしこの時期、神戸界隈の主婦は大忙し


なぜなら、この辺りの春の風物詩 

『いかなごのくぎ煮』 を大量に作るからである・・・。

そして、生わかめも最盛期!そんなわけで、更新が遅れてましてすみません







磯料理も早く書きたい所ですが、まずは旬のわかめネタから






ここ、平磯海づり公園では、釣りの合間にお土産の

わかめも採れちゃうんで、ボーズでも心なしか得した気分!?
p+054_convert_20120314162458_20120314164307.jpg
まだ風は冷たいものの、日差しの柔らかさが“春”な感じ




この日は磯に行った翌々日・・・。

磯場は斜めになってたり、ボコってたりと、立ってるだけで

普段使わない筋肉を使ってるのか、疲れる。この日もそんな疲れが見え隠れ


そう私、磯で よく “つる” んです 
 
この “つる”、 “釣る” ならかっちょいいけど、

私が言うのは足が“攣る”(ツル) の方でして 完全に運動不足・・・。


ツッてる私にマシュが言った一言『今落ちて溺れたら
完全にアウトのパターンですやん

カワイくない奴め







ずいぶん話がそれましたが、要するに わかめ採りは 楽して採れる

“干潮時が断然オススメ!!!” って事です。

この時は満潮時。6mのタモの柄を持ち、けだるい足腰に鞭打って
p+059_convert_20120314162614.jpg
目を凝らして、海中に揺らめくわかめに食らいついて


よいしょ~~~!水揚げ成功♪
p+058_convert_20120314162548.jpg
ちょっとムキになってきた たのしいぞ~!!


 
うひょ 採れたてわかめ ア~ンド!!
p+057_convert_20120314162523.jpg

必殺!ワカメカッター(正式名は<ベルモント>藻刈り鎌)

この鎌はタモの柄に装着できるので、高い所からも採れるんです

でも刈るのは出来ても、回収は鎌に巻きつけて引き上げる感じなので

まず刈って、切り離されたのを網ですくう ってのが効率的かな





さてさて、今年初挑戦!わかめを沸騰したお湯で、さっと湯通しして冷水に!
p+049_convert_20120314162403.jpg
ビックリするほど 鮮やかな緑に変身します



葉と茎に切り分けて
p+051_convert_20120314162431.jpg
この茎も柔らやいので、充分食べれます しかし色がキレイすぎ





細く切って、フライパンにごま油を引き、醤油をジュッと回しかけ、終わり。
p+048_convert_20120314170232.jpg
茎炒め♪ ゴマと七味で 完全にアテです






こちらは、しめじ・えのきだけを一緒に
p+033_convert_20120314162243.jpg
じっくり甘辛く煮込んで、佃煮風? ご飯が止まりません







切り分けた葉の部分は色んな料理に使えるし、あれもこれもとしたくなる
p+052_convert_20120314170605.jpg
『かわめのしゃぶしゃぶ』 という食べ方もあるくらい、

この、いつも脇役的なわかめも、主役になり得るのです! 







新鮮な香りも味わいたかったので、お吸い物に
TS3S1748_convert_20120314162642.jpg
ゆずの皮も少し乗せたら、風味も一段と増して 思わず目を閉じてまう・・・







サッと湯がいただけなので、歯ごたえがシャッキ シャキ
p+028_convert_20120314162219.jpg
ポン酢が合うわ~







邪道と言わないで~ マヨラーの私、以前から気になってたレシピ。
p+046_convert_20120314162333.jpg
『えのきマヨわかめ』 

えのきを2分ほどチンして、わかめ、中華スープの素、ごま油、醤油入れて

グルグル混ぜれば出来上がり♪ これがイケるんだな






そして、タコのぶつ切りも加えて
p+006_convert_20120314162017.jpg
酢味噌和え いい!めっちゃいい!酒が進みそうだ








で、残りのわかめは、『塩蔵』 にして、長期保存が可能に
p+024_convert_20120314162156.jpg
わかめに塩をして、出た水分をギューッとしぼって、

わかめと同量の塩を混ぜ合わせて、保存袋に入れて冷蔵しておけば

使いたい時にいつでも使える (塩抜き、忘れないで下さいね~!)




カンダイ狙いに垂水漁港に足繁く通ってたときも、地元のおじちゃんたちが

『あ~、腰痛いわ~』 と言いながら、一生懸命採ってた わかめ。




そこまでして食べたいの?わかめ・・・。そんなに美味しいの???



と思ってましたが、いやいや わかめをあなどるなかれ!!


めっちゃ美味しいじゃないですか


きっと日本全国に生えてるであろう、わかめ。

潮通しがいい所なら、美味しく食べれると思いますので

ぜひ一度お試しください!これ、ヤミツキですよ




あ、思いのほか長くなってしまったので 

いかなご編、磯料理編は次回でごめんなさ~い













今日もイカナゴ8キロ炊きました~“ぽちっ”とおねがいします♪
にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:15 | トラックバック:0
| 続・釣りガールと呼ばないで! “いけまちこ”のぶろぐ(仮) |

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。