The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
突如襲来!マイワシを追え~~!!
2011-11-02 Wed 05:50
ikemachiko_20110525.jpg
↑ 1日1回の【応援】ぽちっとクリックお願いします★(戻ってきてね)












10/29、ある機密情報筋(!?)から情報!!

 『垂水漁港でええイワシが釣れとるわ 』


こりゃ早速確かめに行かねば


ちょうどアミーゴ店長も同じ話を聞いたらしく 『ちょっと確かめてきて』 とのお達し

PA300051.jpg
・・・やってきました、垂水漁港(PM2時)。


しかし10月は週末のたんび雨にたたられました・・・ヽ(´Д`;)ノ




さて、漁港内に到着するもイワシの気配無し!!

近くの漁師さんに聞くも

『昨日、おとといは釣れとったけど、今日は見てへんわ』



・・・・でた。 “昨日は釣れてたけど” 



あまりに無情な、そしてよく聞く言葉(TДT)


とりあえず漁師さんの言う内向きのポイントに行ってみました



・・・・・・・・が、釣れるのは
PA300055.jpg
こんな 子メバルや



こんな ミニミニサイズの
PA300051_20111102032823.jpg
ヒイラギがわんさか・・・


もちろん、写真を撮るに足らない アイゴやフグもわんさか。


そして開始1時間半。始めは降ってなかった雨もピリピリ降り出し、

エサもなくなってきたから帰ろうと思い、バイクまで移動しつつ最後に角で一投。

すると目の前を 静かに早く通り過ぎるカタマリ・・・・・・・・




ん!? なんや今のマッハな魚群は!?





でもアミエビに反応する様子もなく サーッと走り去った!!が、あれはイワシや!!

慌てて残り少ないアミエビを撃つ! ・・・が、もう姿がない・・・




まるでトトロのメイちゃんが、小トトロを追いかけて森の茂みに消えた

その茂みを ”じーーーっと” 見つめるように 私も海面を じーーーー・・・・。




ぶわーーーーーーー!!!!





来た、再び魚群!! しかし留まらず・・・。こんなんを4,5回ヾ(´A`)ノ゚

とりあえず群れに落とせば釣れるか? と再び魚群通過の中の表層にボトン!!


PA300064.jpg

おしッ 釣れた!! おっ マイワシやん!!

そこからどんどん通過回数も増え エサに反応して釣れ始める・+(*゜∀゜*)+・


この日は午後3時半頃に釣れましたが、時間は日によってバラバラ。

いつまで釣れるのか定かではありませんが、狙えても今週いっぱいとの噂も・・・。





カタマリ襲来で釣れた中に ビッグイワシ!!
PA300073.jpg
やたらデカイのが一匹・・・この群れの酋長か?




さっそく計測してみると
PA300075.jpg
なんと22cm!!別物!?と見まがう程でした!


マイワシはこの斑点が目印。
PA300081.jpg
新鮮な魚はほんとにキレイです!






さて、このビッグワン、みんなにどう食べようか聞いてみたところ

圧倒的に “塩焼き” だったので
PA300084.jpg
念願の七輪に乗せました(人´∀`).☆.。.:*・°

先日ホームセンターで発見!しかも980円!!即買いでした

(焼き網は付いてなかったので、100均で購入・・・網無しって・・・ナシでしょ




隣には 万願寺とうがらし!
PA300088.jpg
脂がしったたって 煙い~ヾ(・ω・`;)ノ



このとうがらしは辛味はさぼほどなく、むしろ甘い感じでサイコーにうまい!

兵庫県を中心ですが、千葉や茨城にも出展している

『めぐみの郷(さと)』で購入。

ここは産直市場で農家さんが直接店頭に並べに来てくれるので安心。

商品には全部農家さんのお名前入り! しかも安い!!美味しい!!愛用です♪



両方ともエエ感じで焼けてきました!
PA300093.jpg
お腹に溜まってる脂で、 より一層食欲をかき立てられるぅ~!


焼けるのを見ながら待つのも、最高の時間。
PA300097.jpg
もちろん、美味しかったです!







さて、もう一品。

もう10数年前、私が若かりし頃に読んだ一冊
PB010154.jpg
森瑤子さんの 『非常識の美学』  黄ばむほど前のですが、何度も読みました。


雑誌 『an・an』 に90~91年に連載されていたエッセイを翌年に文庫本化したもので

こんな “粋な女性” になれたらな~ と、憧れたものでした。



その中に、当時から ずーーーーっと気になってて

実現させていなかったものがありました。

エッセイのタイトルもズバリ 『男殺しの一皿』

PB010159.jpg
『サーディンどんぶり』!!

男性ならずとも、読んだ私が一瞬でノックアウトされた内容。

オイルサーディン、いわゆる イワシのオイル煮。(当時は知らなかったけど

簡単だし、何より美味しそうってのが印象的だったんです!!

なぜか今まで作っていなかったので、このエッセイでは缶詰でしたが

この機会に オイルサーディン作りに挑戦!




本来は1匹丸まる使いますが、マイワシが大きかったので3枚におろして

10%の塩水に1時間漬け込み、きっちりペーパーで水分を拭きます。

フライパンにあまり重ならないように並べ、オリーブオイルとサラダ油を半々くらい

ひたひたに浸かるまで注ぐ。





粒胡椒、ローズマリー、鷹の爪、にんにく を乗せて弱火で煮る感じです。
PA300106.jpg
オイルの割合はお好みで。今回は半々にしました。

オリーブオイルが多いとガツンと重く、サラダ油が多めだとあっさり系。




3枚におろしてたので時間は短めの30分位。丸ごとだと1時間くらい煮ます。
PA300110.jpg
泡が細かくブツブツなる位をキープ!油だし、あまり目は離せません。


丸ごとの場合も、一つ味見して 骨まで柔らかいと出来上がり♪

風味付けでワンモアマリー。 ビンにオイルごと入れて保存。
PA300114.jpg
出来上がりも美味しいですが、密閉容器で2~3日寝かせればもっと美味しく!




いよいよ念願の 『サーディンどんぶり』(*´艸`*)



↓森さんのレシピ(缶詰版)をそのまま掲載します!!↓



オイルサーディン一缶をオイルごとフライパンに乗せ、両面を軽く焦がして

最後にお醤油をじゅっと回しかける。量にして大さじ2杯くらい。

この時、お醤油と油が混じって大量に飛び散るので、サッと蓋をして20秒位煮詰める。

熱々のご飯の上にサーディンを乗せ、残りの油とお醤油の美味しいソースを回しかけ

アサツキ、なければ青ネギをたっぷ乗せ、七味唐辛子を多めに振って出来上がり!





く~~~~~
PB010173.jpg
これが 私が10数年辿り着かなかった味・・・




も、。・゚・(ノ∀`)・゚・。 森さん・・・ステキ!

美味しすぎます!! 感激です!! ものの5分もかからず完成!
PB010165.jpg
オリーブオイルとお醤油が煮詰まるとこんなに美味しいソースになるのか!?

って驚きのうまさ!ご飯とよく合うんです!そのくせ しつこくない。正に逸品。。。。。

篠山紀信氏、奥田瑛二氏も惚れ込んだとか。(時代を感じる・・・。)



森さん曰く

数え切れない男たちがこれを食したが

感激しなかった人なんて一人もいない

「アレ、また食べさせてくれよ」 と、

顔を合わすたびに男たちが言うけど

アンコールをやらないのも戦術なのよ
 


だそうな。。。ニクいねぇ




お嬢様方、ぜひ 『男殺しの一皿』 お試しくださいませv(゚▽^*)ノ

















嫁入り前に一度試しておくべきだった・・・。ぽちっとお願いします
ajpg.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 波止釣り | コメント:16 | トラックバック:0
| 続・釣りガールと呼ばないで! “いけまちこ”のぶろぐ(仮) |

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。